花見。 展示中の日本

花見。 展示中の日本

イベントはXNUMX月中旬に発足しました」花見。 展示中の日本「とのコラボレーションで作られました ローマの日本文化研究所.

イベントは、完全に促進されます Cedocs、で構成されています XNUMXつの写真展 で設定 トレンティーノアルトアディジェのXNUMXつの美術館.

これら二つの展覧会の目的は、文化と創造性を通して、私たちから遠く離れた現実とすべての人を接触させることです。

イベントのXNUMXつの主な展示会は「ENDOCOSMO MARAINI-フォスコ・マライーニの日本" で ボルツァーノのトレビセンター秩序ある混乱-オリバー・コフラーのショットでの日本「で メラーノの多言語メディアテーク.

さらに、一連の XNUMX日続くイベント みんなに知らせるのに便利 日本文化.


ENDOCOSMO MARAINI-フォスコ・マライーニの日本

展示会 "ENDOCOSMO MARAINI-フォスコ・マライーニの日本"の選択を提供します 40枚以上の写真 のプライベートアーカイブから来る FoscoMarainiの家族とAlinariアーカイブから、ローマの日本文化研究所から親切に授与されました。

トレビセンター:「エンドコスモマライーニ」展の開催

トレビセンター:「エンドコスモマライニ」展の開催(写真:バレンチナカビオンとダビデスタニ)

フォスコ・マライーニ (1912-2004)は重要な旅行者、民族学者、人類学者、写真家、語り手、教授、東洋人、登山家、作家、詩人であり、長年日本で過ごしました。

実際、彼の人生の何年もの間、彼は大学の研究者でした 札幌市 e 京都.

1943年に彼は来ました 京都の捕虜収容所に収容された 参加しなかったことでおなじみのすべての人と一緒に サロ共和国.

孫たちが企画したこの展覧会 ヌールメレヒ e MujahMaraini-Melehi、フォスコ・マライーニが日本で過ごした数年間の人間的で美的な体験を、画像や文章で表現したいと考えています。

さらに、これらの写真は、 経済的進歩自然の尊重、常に日本を際立たせてきた二つの側面。

展示会はに発足しました 12月10 2021 月曜日から金曜日まで訪問できます 1月14 2022.


秩序ある混乱-オリバー・コフラーのショットでの日本

秩序ある混乱-オリバー・コフラーのショットでの日本

整然とした混乱 南チロルの写真家が2019年に作った日本の写真プロジェクトです オリバーコフラー.

このXNUMX番目のイベントは、最初のイベントとは対照的です。オリバー・コフラーの作品では、 今日の日本 そのすべての現代性で。

日本の地下鉄の人々。 秩序ある混乱-オリバー・コフラーのショットでの日本

展示会は 63作品 細部までとらえられ、日本の日常生活に特有の整然とした混乱を作品に与えています。


付随イベント

イベント中「花見。 展示中の日本「で組織されました ボルツァーノのトレビセンターメラーノの多言語メディアテーク 日本文化への意識を高めるための一連のイベント。

これらの終日のイベントの間に、日本の詩の力を発見することができました。俳句への旅「、酒の試飲をする」無限の円。 日本酒の発見「、日本の伝統や習慣に触れてください」日本への旅行:好奇心、習慣、社会的習慣「そして、中にマンガやアニメを発見することも可能でした」日本からのイメージとビジョン。 マンガとアニメの紹介".

この必見の展示会を締めくくるために、それはメラーノでも開催されました 写真家オリバー・コフラーとの出会い イベントの主要な展示会のXNUMXつを作成した人。


古い投稿 最新の投稿