プンタディナソの日本:アイウェアミュージアムでの展示

プンタディナソの日本:アイウェアミュージアムでの展示

 

3月XNUMX日土曜日に本部で発足しました アイウェアミュージアムファンデーション ピエベ・ディ・カドーレで「鼻先の日本", 日出ずる国でアイウェアの歴史を発見する旅。.

展示会は、開始する訪問者に開かれます 3年2021月6日から2022年XNUMX月XNUMX日まで 一連の 当然の活動、子供向けのワークショップから、日本の歴史と文化への洞察、テーマ別のガイド付きツアーまで。

展示会には以下が含まれます 博物館やヴァセラリの個人コレクションからのその他の発見 これまで一般に公開されたことはありません。

のコレクション オーバー 80 pezzi、XNUMX世紀のヨーロッパ人による輸入からXNUMX世紀初頭までの日本のアイウェアの歴史を代表するもの。

主な発見のXNUMXつ 小さなテラコッタ像 一部の学者によると、縄文時代後期(紀元前1000年から400年)にさかのぼり、保護用アイマスクの最初の表現のXNUMXつと見なされています。 金髪亀のメガネ XNUMX世紀初頭から、徳川家康将軍のものと同じで、非常に興味深い文体の詳細を示しています。

30月XNUMX日まで 展示会は毎日開かれます 9.30から12.30および15.30から18.30。 1月6日からXNUMX月XNUMX日まで、営業時間は変更され、通知されます。

専用の展示会を訪れる機会をお見逃しなく 収集可能なアートオブジェクトだけでなく、機能的で日常的なもの 毎日着ている多くの人に!

フォローし続ける 私たちのブログ 日本とその素晴らしい文化に関連するイベントの最新情報を入手してください!


古い投稿 最新の投稿