日本。 東洋の巨匠:日本美術のコセンザ展

日本。 東洋の巨匠:コゼンツァでの日本美術展-国貞の木版画

A コゼンツァ それはあります 6月2まで、 "日本。 東のマスター。 日本美術の木版画の傑作".

あなたはで展示会を訪問することができます コゼンツァ国立美術館 a パラッツォアルノーネ月曜日から金曜日10:00から13:00および15:00から18:15.

展示会では感心することが可能になります 100以上の木版画 のプライベートコレクションから XNUMX世紀の偉大な日本の巨匠.

あなたは次のような素晴らしい日本のアーティストを見つけるでしょう 北斎、広重、国芳、国貞、広重II、千佳信、暁斎、国芳、春亭 そして他の多くの。

展覧会はによってキュレーションされています アレッサンドロマリオトスカーノ e マルコ・トスカーノ、によって組織され、制作されたアソシエーションn.9.

さらに、それはによって後援されています日本文化研究所、のサポートで バンカ・メディオラナム.

展示会の他のパートナーはAIMSC(イタリア紙印刷博物館協会)FAI(イタリア環境基金) e VisitCalabria.

愛好家であろうとなかろうと、誰もがその最もユニークな芸術形態のXNUMXつである木版画を通して、魅力的な日本文化に近づく機会です。


日本の木版画とは何ですか?

日本。 東洋の巨匠:コゼンツァでの日本美術展-広重木版画

La 日本の木版画 です 日本のテクニック その種のユニークな。

それは 彫刻技術。 特徴はそれです 毒性はありません、それが行われるように 天然木.

木版画であなたはXNUMXつを得ることができます 色の広い範囲、より落ち着いた、ほとんど透明な色から、最も明るい色または最も暗い色まで。

浮世絵、 文字通り "浮かぶ世界の画像"、は最もよく知られている電流です。

メインテーマ この流れの人間の生活を特徴付ける一時的で痛みを伴う側面.


『Japan。Masters of the East』のサイトでは、展示されている作品のカードやアーティストの情報をご覧いただけます。

さらに、タイムテーブル、チケット、ガイド付きツアーで必要なすべての情報を見つけることができます。 お見逃しなく! 


古い投稿 最新の投稿