豆腐:特性と利点

豆腐エリクサー・オブ・ユース

豆腐は アジア料理の伝統的な食材 そしてその特性と利点のおかげで、それはまたとして定義されます若さの秘薬.

コレステロールを含まず、ビタミンが豊富で、 豆腐 用途の広い成分です 多くの健康上の利点があります。

すでに説明しました 豆腐とは何か、その歴史と作り方、しかしあなたは彼女が何であるか知っています プロパティとその利点?

記事を読んで調べてください!


豆腐の特性と利点

豆腐は非常に高タンパクの食品です 100%野菜由来コレステロールを含まず、一般的なチーズと比較して飽和脂肪の割合が非常に低いです。

が豊富 カリウム e ナトリウムが少ない、豆腐は素晴らしいです チーズ代替品。 また、リン、鉄、カルシウムなどの多くのミネラル塩が含まれています。

豆腐にはいくつか含まれています 抗炎症および抗酸化植物化学物質 抗炎症ダイエットへの素晴らしい追加になります。

豆腐は「完全な」タンパク質の優れた供給源でもあります。つまり、豆腐には バランスの取れたアミノ酸プロファイル、繊維、カリウム、マグネシウム、鉄、銅、マンガンも同様です。

大豆には植物エストロゲンが含まれているため、多くの女性は豆腐などの大豆が豊富な食品を食事に含めることを決めています。 閉経

また、優れた鉄源であるため、 貧血の予防に役立ちます。 中国で実施された研究は、豆腐が成人の貧血のリスクを減らすのに役立つことを示しました。

豆腐は 記憶力と認知機能を改善する 65歳以上の女性向け。 豆腐に含まれるレシチンは、体がホスファチジン酸(PA)とホスファチジルセリン(PS)のリン脂質を生成するのを助け、ニューロンの機能を助けます。

野菜入り豆腐


豆腐の栄養価

豆腐は食べ物です 低カロリー、 しかしたくさん 植物性タンパク質が豊富。 脂肪が少なく、コレステロールを完全に含みません。

実際、100 gの製品には、15 gのタンパク質、10,5 gの脂肪、1gの炭水化物が含まれています。

セリアック病の患者にも最適です。 無グルテンの、この食品は、大豆に対する特定のアレルギーが発見されていない限り、誰でも摂取できます。 

Il 豆腐 また、ビタミンCと葉酸の供給源でもあります。 100グラムの豆腐には2グラムの豆腐も含まれています カルボイドラティ と0,4グラムの 繊維。 豆腐のグリセミック負荷は2です。

豆腐の栄養価


禁忌

豆腐は、すべての大豆誘導体と同様に、 植物エストロゲンの含有量が高いため、特定の条件または人生の段階で適度に消費されます.

特に、摂取量を制限する必要があります。

  • Le 妊娠中の女性なぜなら、過剰な植物エストロゲンは内分泌腺の発達を妨げる可能性があるからです。
  • Le 乳がんの病歴のある女性.
  • 患者 甲状腺に影響を与える病状 または、より一般的には、ホルモンの不均衡。
  • 苦しんでいる女性 子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科の病状。
  • 豆腐とすべての大豆製品には、シュウ酸塩が大量に含まれています。 問題を抱えている個人 腎臓結石、シュウ酸塩を含む、 彼らは大豆製品の過度の消費を避けるべきです。

今、あなたは知っています 豆腐の利点と栄養特性、あなたはただする必要があります 楽しめ 生、温かい料理と一緒にまたは どんなレシピでも あなたが望む。

当店の豆腐専門店、あなたはあなたの合意に最も適したものを見つけるでしょう、そしてあなたがまだそれを試していなければ、それはそれをする時です!


古い投稿 最新の投稿